222504

Y's掲示板


[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[3638] 組織培養雑談 Name:としあき Date:2018/06/09(土) 20:29 [ 返信 ]
Nepenthesに限らずなんでもどうぞ!



[3644] RE:組織培養雑談 Name:としあき Date:2018/06/15(金) 17:31
N.spathulata highland
ハイポネックス培地での成長が割りと早い



[3645] RE:組織培養雑談 Name:としあき Date:2018/06/15(金) 17:33
N.dubia
なかなか気難しく成長が遅いように思える



[3646] RE:組織培養雑談 Name:としあき Date:2018/06/15(金) 17:37
N.sp paniai(maxima?)
成長は早いほうに思える



[3534] Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2017/12/05(火) 22:29 [ 返信 ]
EP由来の株です。
ポツポツと脇芽が増えてきている感じです。
捕虫葉の形状がかなり面白い形で、
まるで何かのオブジェみたいな感じです。



[3535] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2017/12/05(火) 22:34
ヘリアンは、筒の内側に毛が生えていますが、
イオナシの場合、毛が金色がかった色をしているのが特徴的な気がします。



[3536] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2017/12/05(火) 22:38
ヘリアンの用土は、
10年程度あれこれ試行錯誤して、
個人的には、最終的に、
鹿沼小粒と、パーライトを1:1で混合したものに落ち着いている感じです。

あと、株の付け根が腐りにくいように、
株の付け根の付近が接する部分は、
パーライトのみとし、
また植える時は、腐れ防止の為に、
なるべく浅めに植え付けています。



[3537] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2017/12/06(水) 19:44
蓋をした衣装ケース(端の部分だけ少し開ける)の中で、
腰水で栽培しています。
鉢には、ダイソーで売っている台所用の三角コーナーを用いていますが、
通気性が良い他に、全方面から水蒸気が蒸散
(鉢の側面に接した衣装ケースの内壁が、水滴だらけになっています。)する為に、
ケース内の湿度を上げやすく、
また、気化熱で鉢の温度が下がりやすい(地下部が冷えやすい)
という状況にもなるようです。



[3539] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:GreenGrass Date:2017/12/14(木) 12:22
綺麗なヘリアンを見るとテンションが上がっちゃいますね!

[3544] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2017/12/24(日) 15:48
大きくなって段々特徴が出てくると、育てていて楽しいですね。
曲線で構成されているionasiも好きですし、
スクッとしたHeliamphora tatei ヘリアンフォラ タテイもなかなか良いと思います。
EP由来のtateiは、ネクターキャップ(ネクタースプーン)の部分だけ、
ちょっと赤味がかった色になるのが特徴的なようで、
カラーリングだけ見ると、
なんとなくHeliamphora chimantensisみたいな雰囲気だなぁと思います。
(形は違いますが…。)



[3561] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2018/03/02(金) 18:18
2〜3か月くらい前より、
ヘリアンフォライオナシに施肥を試してます。

液体肥料のハイポネックスを、
かなり薄めたもの(多分、3000倍か4000倍くらい?)
に希釈したものを、
ヘリアンフォラの古い筒の中に、
スポイトでごく少量(数滴程度)垂らして入れています。



[3562] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2018/03/02(金) 18:27
青い矢印で指している葉が、
施肥後に伸びてきた葉です。
見たところ、
これまでの成長ラインの上昇具合よりも、
割と突出した感じで大きめの葉が出てきたように見受けられます。

生育環境が大きく変わったばかりの時の、
株の導入直後や、
株の体調があまり思わしくない時は別として、
株の健康状態がある程度安定している時に、
ごく少量の液体肥料を与えることは、
成長にとって割とプラスの影響を及ぼす可能性もあるかも知れません。

ただ、あまり濃度が濃すぎるものを与えると、
葉が焼けてくる危険性や、
大量に与えて、株の中心部に液が浸透したりすると、
そこから株が腐ってバラバラになったりする危険性や、
或いは土や水も傷んでくるケースもあるかも知れないので、
飽くまでも、
ごくごく薄いものを、ほんの少し与える程度に留めるのが無難かも知れません。



[3563] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2018/03/03(土) 09:58
イオナシは、株が成長するにつれて、
葉のずんぐりむっくり感が増してくるような印象です。



[3568] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2018/03/17(土) 18:01
イオナシと同じ衣装ケース内で栽培している
交配種の、
Heliamphora heterodoxa x ionasi
(ヘリアンフォラ ヘテロドクサ x イオナシ)です。

これもイオナシと同時期くらいに施肥を開始しましたが、
大きくなる速度が速まっているように感じます。



[3569] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩 Date:2018/03/17(土) 18:07
一番最近出てきた葉が、
それが顕著なように思います。
葉身が大きくなってきたのと、
あとネクタースプーンから蜜も多量に出るようになってきたような気もします。

ちなみに、
与えている液肥(ハイポネックス)は、
NPKの中では、N(窒素)の含有率が高い種類を、
与えています。



[3608] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/04/28(土) 23:25
最近伸びてきた、Heliamphora ionasi の新しい筒が開くまでの様子を、
なんとなく写真に撮ってみました。

筒が開く前は、こんな感じの風体で、
なんだかケムール人の頭部みたいな雰囲気のシルエットです。



[3609] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/04/28(土) 23:26
適当な状態まで成長すると、突然ポコッと開きます。
ちょっと目を離した間にいつの間にか開いているので、
開く時は割と一瞬なのかも知れません。



[3610] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/04/28(土) 23:27
開くとじわじわと外縁部付近が成長して口が大きくなっていきます。
ionasiは色が結構赤いので、ちょっと朱塗りの屠蘇器の盃みたいな感じです。



[3611] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/04/28(土) 23:28
外縁部付近がある程度成長すると、
ネクターキャップの両脇の部分が地面側に反り返って葉が完成する感じです。



[3612] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/04/28(土) 23:29
葉は、完成したてくらいの頃が一番赤く、葉が古くなってくると、
少しづつ赤色は薄くなってくるようです。



[3622] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:としあき Date:2018/05/30(水) 17:38
藻岩山さん今度マジで受粉させてHeliamphoraのseedを送ってください。
TCで100倍にして着払いで送りつけますので。



[3623] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/05/31(木) 19:33
>としあき様

我が家のヘリアン類も、
ちょくちょく花茎は上がってきて開花はするのですが、
結実したことは、今のところ一度も無い感じなのです…。



[3624] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/05/31(木) 19:38
思い出してみると、何年か前に、
ヘリアンフォラ・ヌタンスの花の中心部に、
なんとなく音叉を当ててみたような記憶もあるのですが、
結局その時も結実はしませんでした…。

なのでここ最近は、花だけ楽しんで、
古くなってきたら、花茎をハサミで切っている感じです。



[3625] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:こっちゃん Date:2018/06/01(金) 10:49
藻岩様

ヘリアンフォラの花は音叉を当てただけでは受粉しません。音叉を当てて花粉を取り出し、それを紙などで受けて、上の花へ受粉させる。なぜなら花粉を出す段階ではその花の柱頭は機能しなくなっているから、です。他種と交配する場合も同様で、開花してすぐの花へ受粉させます。花粉が出たか、の判断は難しいですが、煙のように見える場合もありますが、見えない場合でも取り敢えずやってみると結実する場合もあります。

[3626] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:としあき Date:2018/06/02(土) 16:58
ハイポネックスをそのまま入れた結果www
枯れた…orz



[3631] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/06/03(日) 19:16
>こっちゃん様
音叉を当てただけでは受粉しないのですね…。

モウセンゴケやハエトリソウなどは、
結構簡単に自家受粉しますが、
ヘリアンフォラの場合は、自然な状態では、
簡単に自花受粉はしない仕組みになっているような感じなのかも知れませんね。

[3632] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/06/03(日) 19:35
>としあき様
原液をそのまま投入してしまったような場合や、
また希釈したものであっても、
あまり繰り返し何度も入れすぎたりすると、
結局濃くなりすぎて、
枯れてしまうみたいです…。

自分の場合は、ペットボトルに入れた水に、
スポイトで原液を数滴垂らしたものをシェイクして薄めた液を作り、
その薄めた液をスポイトで、1つの葉(筒)につき、
大きめの品種でも2〜3滴程度、
小さめの品種であれば1滴程度、様子を見ながら入れるくらいです。
あと、植え替え直後などは入れたりせずに、
株がある程度落ち着いている時にのみ入れる感じです。

液肥を入れた葉が古くなって枯れた場合は、
そのまま切ると中の液体が飛び散って、
株の付け根や用土にかかってしまうので、
液が株の付け根や用土かからないようにするために、
中の液体を吸い出して、そしてある程度中身が乾いてから、
ハサミで切ったりしてる状況です。

[3639] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:としあき Date:2018/06/09(土) 20:49
ハイポネックスを与える場合はかなり薄めないといけなかったのですね。
今回は与えた葉が枯れてしまっただけで大事には至らなかったようなので、しばらくは養生させます。

最近、日中の栽培ケースの温度が30℃を超える日が続いていますが、藻岩山さんのところでは最高気温は何度ぐらいまで耐えますか?
こちらでは経験上、上限が36℃で下限が5℃ぐらいに思います。



[3641] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/06/13(水) 23:56
>としあき様
我が家のヘリアンは今現在、
人工灯&室内栽培なのですが、
最低気温については、
室内については、家のストーブをつければ適温になるので、
さほど気にしたことは無い感じです。

最高気温については、
なるべく30度以上にしないようにしています。
室内の換気扇を回したり、
窓を開けたりして対応する場合もありますが、
ここ数年は夏場の気温が、以前はあまり考えられないくらいに、
急激に上昇することも増えてきたことで、
その為かイオナシやタティなどが夏場少しバテるようになってきたので、
去年から、夏場は部屋には窓エアコンをつけて、
部屋自体の気温を下げる(大体人間の適温くらい)ことで、それに伴う形で、
部屋に置いてある栽培ケース内の気温も下げるというような対応を取っています。



[3642] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:藻岩山 Date:2018/06/14(木) 00:16
ちなみに、
与える水は水道水ではなくて、
熱帯魚用品店などに売っている浄水器で、
浄水したものを与えています。

植替えは年に1〜2回程度ですが、
ヘリアンフォラは草体が矢鱈に脆いので、
植替えを行うと、ちょっと油断すると、
どこかしらがバキバキと割れてしまうのが悩みどころです…。
つい先日も、出来立てホヤホヤのタテイの新葉の頭を、
派手にバッキリ骨折させてしまい、
ちょっと憂鬱な気分になりました…。



[3643] RE:Heliamphora ionasi  ヘリアンフォラ イオナシ Name:としあき Date:2018/06/15(金) 17:28
RO水というヤツでしょうか?
こちらでは市販の天然水(軟水)を腰水にして栽培していますが、ROのほうがミネラル分が取り除かれていて良さそうですね。

最近H.sarracenioidesが気になっていて、そのうちWistubaあたりから購入しようと思うのですが、そちらでも栽培されていたら何かアドバイスください。

画像はフラスコ出ししたH.minorですがミズゴケのほうが成長が早くて埋もれてしまっています。



[3627] 2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:venusflytrap Date:2018/06/02(土) 21:43 [ 返信 ]
皆さま、藻岩様,今晩は、Dionaeaが寒さにも負けず徐々に大きくなってきました。 北海道では4月、5月、6月は寒気で苗が痛むことが多いので、冷蔵ケース内に野外温度がマイナス気温にならない時期まで置いていました(苗を鉢から引き抜いて冷凍用ビニールに入れた)。これは冷蔵ケース内4度で3月25日から5月5日まで処理した5月8日のDionaeaです。左からGiant Rosette Uk Mike king 実生、ビオパルコ、大彰園2012(2鉢)です。Giant Rosette以外は上手く地上部の成長抑制ができているようです。



[3628] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:venusflytrap Date:2018/06/02(土) 21:47
こちらが本日6月2日の3627と同じDionaeaの状況です。昼間が4度くらいの日があったにも関わらず、約25日の間で確実に旺盛に成長しています。

Giant Rosetteの捕虫葉は3cmくらいのものもあります。

藻岩様のビオパルコやその他のDionaeaは如何ですか。



[3629] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:venusflytrap Date:2018/06/03(日) 11:28
斜めから見た6月3日の同じ鉢のDionaea



[3630] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:venusflytrap Date:2018/06/03(日) 17:50
これはGiant Rosetteです 約2.7cmの大きさの捕虫葉です。



[3633] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:藻岩山 Date:2018/06/03(日) 20:28
>venusflytrap様
こちらもここ1週間くらいは、
気温も上がって日照量も増えてきた関係で、ビオパルコ系などの、
比較的丈夫で体力があると思われる品種のハエトリソウには、
まだダメージの影響は抜けきってはいないものの、
それでもようやく、マトモな状態の新芽が少しづつですが伸びてきた模様です。



[3634] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:藻岩山 Date:2018/06/03(日) 20:29
Alianも、
やっと本来の形(トラップが幅広)の特徴的な新芽が伸びてきました。
しかし、春の初期の頃に出てきた新芽は、
春先の極端な気温の上下を何度も何度も繰り返し受けたダメージで、
なんだか奇形みたいな姿になっているのが痛々しいです…。
これから伸びる葉は、スムーズに伸びて欲しいものです。



[3635] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:藻岩山 Date:2018/06/03(日) 20:31
春先のジェットコースター気温のダメージが特に深刻なのは、
鈴木系で、見るからに満身創痍の状態になっています。
大株や中株はどうにか生存してはいるものの、
折角増えた大量の小さな子株達が、
今年の春の気温変動で体力を失って、半分近くが枯死してしまいました…。
あと、ボヘミアンガーネットも、冬芽の時は元気でしたが、
春に調子を崩して枯死してしまいました。
去年も春は結構悲惨でしたが、特に枯死にまで至る株は存在しなかったので、
今年は去年よりもより深刻な状況です。

長い事ハエトリソウを育てていますが、
数年前までは、突発的な事故や感染症の蔓延などでもない限りは、
ハエトリソウを枯らすなどということは、そうそう滅多に考えられない事態だったので、
ここ近年の春の北海道の気温が、ジェットコースターのようになる状況には、
ほとほと困り果てたものです…。
成長スイッチを入れたほうがいいのか、休眠スイッチを入れたほうがいいのか、
どっちにして良いのか、混乱して訳が分からなくなって次第に体調を崩し、
最終的に枯れてしまう…様子を観察していると、そういう感じのようです。
(近年、偏西風が蛇行しているとかいう話も聞きましたが、
ここ近年の極端な気温状況は、
そういうことなども影響しているのでしょうかね…。)



[3636] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:藻岩山 Date:2018/06/03(日) 20:40
ちなみにハエトリソウではないですが、
サラセニアですと、オレオフィラは、
春先の気温ジェットコースターの影響をほとんど受けなかったようで、
結構ピンピンしています。
自生地が北米の高山地域のようなので、春先の急な気温低下などにも、
ある程度の抵抗力があるのかも知れません。
(屋外の物置で越冬させた際に、フラバやハエトリは死んでも、
オレオは平気だったのも、高山性故の為かも…。)
ただ同じオレオフィラでも、元々生えていた場所によって、
また性質が各々違う可能性もありますが…。

逆に、サラセニアの中でもレウコフィラなどは、
やや体調不良な状況です…。
ただここ最近は、ちょっとづつ回復傾向が見られるので、
この調子で快方に向かって欲しいものですが。



[3637] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:venusflytrap Date:2018/06/04(月) 21:43
皆様、藻岩様今晩は。確かに仰るようにジェットコースターのような気温ですね。今日はまた暑くて20度以上とっても暑いです。 ここ数年DIONAEAの冷蔵処理を春にしてますが、これは藻岩様が仰るようなジェットコースター気温を回避するための方法模索です。気温が急激に下がってもその時、葉の成長が旺盛で無ければ助かります。先の3629のDionaea達はほとんど急激な気温低下の悪影響を受けていません。二十日前まで4度で1ヶ月鍛えてあったから、新葉を出していないからです(3627参照)。しかし、冷蔵処理から出した時に葉が旺盛についていたものは、常温ショックで葉が痛んでいます。
 このことから、Dionaeaは4度冷蔵条件下で開葉する品種と開葉しない品種があるように思います。徐々にダメージは回復するとは思いますが、最盛期の捕虫葉の大きさに影響してくると思われますので、来年は葉を展開させない条件を検討したいと思います。 
以下の品種、は本日6月4日のDingley's Giant, Red Dragon, G14, 野々山Jumbo Mouthです。 特に Jumbo Mouthの痛みがひどいことがわかります。 冷蔵ケースの中ではを伸ばさせない条件が必要と考えています。



[3640] RE:2018冷蔵ケース処理Dionaea 2 Name:藻岩山 Date:2018/06/13(水) 23:35
>venusflytrap様
ほんのつい先日は、
熱中症や食中毒が心配になるような、
腰水も温くなる35度近い日が1週間近く続いて思ったら、
今度は一転して、
吐く息が真っ白になるような、
5度前後くらいの日がずっと続いてますね…。
まるで晩秋と真夏が繰り返し交互に来る感じで、
これまでハエトリ栽培人生の中でも、
これはかなりの鬼門の年といったところです…。

[3613] 2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:venusflytrap Date:2018/05/13(日) 22:08 [ 返信 ]
皆さん、こんばんは5月8日にDIONAEAを冷蔵ケースからだし、植え替えベランダに出しました。先週は寒さが続いたのですが、冷蔵ケース4度で5月5日まで入っていたので、苗は大丈夫のようです。

左からDingley’sGiant, Red Dragon, G14, 野々山Jumbo Mouthです。 まだまだ葉は展開していません。

藻岩様 倉庫の中で越冬させたDionaeaや通常のものはどんな状態ですか。きっと葉が展開していると思いますが。 

これから気温が高い日々が続いてくれること願ってます。



[3614] RE:2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:venusflytrap Date:2018/05/14(月) 20:15
5月14日の6日後の同じ鉢です。6日間でRed Dragonがあっという間に赤くなりました。他のものは、葉を展開し始めてます。



[3615] RE:2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:藻岩山 Date:2018/05/16(水) 21:19
>venusflytrap様
室内の寒い部屋で越冬させていたハエトリは、
少しずつですが葉が展開している状況です。
ただ、春先のまだ早い時期に結構気温が上がってしまった時期があった関係で、
その時にヒョロヒョロと徒長してしまった関係と、
外に出した後に今度は低温の日が続いていた関係
(ここ2〜3年は、なんだかこのパターンが続いています…。)で、
コンディションが悪くなってしまっています。
最近の暖気で、ちょっとづつ回復しつつあるものの、小さい株分け苗などは、数株ロストしてしまいました。
ここ最近は、この早い時期の徒長問題に悩んでいて、
まだ早い時期に芽が動き出してしまった場合は、
徒長防止の為に、外に出すまで期間はLEDでも当てておこうかなとか思案中です…。

発泡スチロールの箱に入れて、戸外の物置の中で越冬させたハエトリですが、
表層部分は大丈夫そうに見えたものの、
掘り起こして地下部を見てみると、腐って茶色くなっており、
バラバラに崩壊してしまいました…。残念ながら失敗です。

同じ方法で越冬させた、
ムシトリスミレ(マクロセラス)や、モウセンゴケ(ロツンディフォリア)、
ナガバノモウセンゴケ(アングリカ)あたりは、全く問題なく葉が展開してきているので、
これらについては、次冬以降は、全ての鉢をこの方法で越冬させる予定です。
(密閉するので、寒さが緩んだ時のカビ等の菌類の問題だけが気がかりですが…。)

また、サラセニアのフラバとオレオフィラでも同様の方法を試してみましたが、
フラバは、最初は大丈夫かなと思っていたら、結局残念ながら枯れてしまい、
オレオフィラの「純血系」っぽい雰囲気のものについては大丈夫だったみたいです。
(オレオでも「混血系」っぽい雰囲気のものは、ややダメージを受けていました。)



[3616] RE:2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:藻岩山 Date:2018/05/17(木) 21:44
ここ近年、春先のハエトリのコンディションが、
全体的に下がり気味の中、ビオパルコ系だけが幾分かマシかなといったところです。
ビオパルコ系の体質が、ハエトリの中でもかなり強健な為なのかなぁと思われますが、
それでも春先の天候が良好な年に比べると、結構トーンダウン気味な印象です。



[3617] RE:2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:藻岩山 Date:2018/05/17(木) 21:46
ちなみに、3月→4月→5月あたりの気温推移が、
飛行機が離陸するようにあまりガタつかずに滑らかに温度上昇してゆき、
なおかつ、春の生育期に晴天の日数が多いような年ですと、
ほぼ同時期に撮影した同じビオパルコ系でもこのような姿でした。
休眠→覚醒の流れがスムーズに進んで行く年は、
草体がかなりシャキッ!としている印象です。

3月→4月→5月あたりの気温推移が、
ジェットコースターのように上昇と下降を繰り返す年ですと、
ハエトリソウも、自分が覚醒していいものか休眠していたほうがいいのか、
自分自身でもよく分からなくなってしまい、
ダラーンとした感じになってしまうようです。
混乱の中で次第に体力を消耗し、体力の少ない小さな株などでは、
枯死してしまったりもするようです。

6月は、穏やかな晴天の日が続いて、ハエトリの体力が回復してくれることと、
7月下旬から8月上旬は、あまり暑くなりすぎないと良いなぁと思っています。



[3618] RE:2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:venusflytrap Date:2018/05/19(土) 20:24
皆様、藻岩様こんばんは。冷蔵ケースからベランダに出した10日後の同じ
鉢です。冷蔵ケースの中から常温に移した時に受けた被害は徐々に回復していて、個々のところの低温による被害は受けていないように思えます。
今当地は昼間10度夜5度位の時の時もあるのですが、6日後(3614)と比べて、劇的な成長はみられませんが4日の間に着実に成長はしているようです。左2番目のRed Dragonは緑の芽が伸びています。右から2番目のG14は植物体に膨圧が戻っており、最右の野々山Jumbo Mouthは花茎を多く伸ばしています。


やはり、冷蔵ケースの中に3月末から5月初めまで入れて、冷蔵ケース越しに日光やLEDの光を与えたのはDionaeaによき影響を与えているように今のところは見えます。これから観察が必要ですが。



[3619] RE:2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:venusflytrap Date:2018/05/20(日) 00:54
こちらは5月8日冷蔵ケースから出した後の最左Giant Rosette UK Mike Kingの実生苗、左2番目は ビオパルコ 右2番目、最右は大彰園2012です。

冷蔵ケースの中の4度で葉が痛まずに成長する性質がGiant Rosetteにはあるようです。ビオパルコ、大彰園2012はほぼ活動停止のようです。



[3620] RE:2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:venusflytrap Date:2018/05/20(日) 01:03
さらにこちらは同じ鉢の、5月19日、冷蔵ケースから出した10日後
のDionaeaです。Giant Rosette UK Mike Kingの実生は3cm位の捕虫葉を広げてきました(水苔を足したので写真の様子は違って見えます)。ビオパルコ、大彰園2012は小さめですが捕虫葉を広げています。

冷蔵ケース4度の中で平気で捕虫葉広げるものと休眠状態で活動停止するものがあることが分かりました。



[3621] RE:2018年冷蔵ケース処理Dionaea Name:venusflytrap Date:2018/05/20(日) 15:12
藻岩様。 倉庫の中のハエトリは実に残念でしたね。 うまくいくかと思ったのですが。芽より、地下茎の方が凍結に弱いという貴重なデーターが得られたと思います。ありがとうございます。 やはり氷点下10度くらい。あるいは氷点下5度が連続するとハエトリは枯死すると考えた方が良い様ですね。
私がベランダ−10度に連続的置いた時は春には確実に全体が枯死してました。
これまでの私のデーターだと気温-5度に1ー2回、-10に数時間晒しても健全でした。
また冷蔵庫の中で11月中旬から6月初旬6ヶ月半0〜+4度保管でも、ダメージ受けますが死なないことはわかっています。 今年のものは、3月25日から5月5日まで冷蔵ケース4度LED+太陽光です。 冬の北海道のDionaeaの越冬は苦労しますが。成果が得られる様ですので、これからも越冬法改良していきたいと思っています。

[3559] ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/02/18(日) 22:23 [ 返信 ]
我が家で栽培しているピンギキュラ ラウエアナに花芽が上がってきました。

ラウエアナは花が咲くことが珍しいらしいので、咲くまでの間記録を付けたいと思います。

画像は今の花芽の状態です。



[3560] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:sddf Date:2018/02/23(金) 08:14
>>3559
>32

[3564] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/03/13(火) 00:14
sddf様

何でしょうか?

[3565] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/03/13(火) 00:16
花芽が上がってきました。
距も出ていて、もうすぐ咲きそうです。

ラウエアナの花を咲かせるコツを考えてみたのですが、
夏は冷房で25〜13度に冷やし、冬はしっかり休眠させるのが良いかもしれません。
僕は去年の夏は高山性ネペンテスと同居させて冷やしていました。



[3570] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/03/20(火) 00:16
あれからさらに伸びました。

もう今週中には開花しそうです。



[3571] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/03/20(火) 00:18
見えにくいですが、最初は一株だったのが2株に分かれ、その2株からまた花芽が待機しています。

これを見る限り、ラウエアナは開花させるのは難しくない気がします。



[3575] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/03/27(火) 18:40
本日、ピンギキュラ ラウエアナの花が咲きました。

ラウエアナらしい真っ赤な花です。



[3578] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 11:21
開花おめでとうございます。
花の色合いから見て「CP1」でしょうか?
これを葉挿しで増やして群生させると、
更に見ごたえがありそうですね。

[3587] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/04/01(日) 01:31
藻岩山様

ありがとうございます。
おっしゃる通りCP1でございます。

葉挿しはやってみたいのですが、冬芽の葉をちぎると、他の葉もバラバラに分解しそうなほど脆かったのでやめました。
そのかわりですが、現在2株に株別れしており、さらにそれぞれの株から花芽が出ております。



[3588] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:GreenGrass Date:2018/04/04(水) 14:50
綺麗な花が咲きましたね!
株も大きいです
農園にも小さいのは沢山ありましたがまとめ買いされて現在は極小苗からの作り直しです
花が咲くまで当分かかりそうです

[3590] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/04/06(金) 14:56
GreenGrass様

ありがとうございます!

我が家のラウエアナは去年の7月終わりに入手した時は画像のようなサイズでしたが、
夏の間に一気に大きくなり画像のポリポットから溢れるぐらいになり、開花サイズになりました。

ラウエアナは大きくなるのが速いみたいなので、すぐに開花サイズまで
成長するのではないでしょうか?



[3604] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/04/25(水) 18:01
株別れしていた株から出ていた花芽が全て開花し、花が3つになりました。



[3605] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/04/25(水) 18:02
全て真っ赤な花です。



[3606] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:藻岩山 Date:2018/04/25(水) 19:02
ラウエアナは、
花もち、花付き共に、結構良さそうですね。

[3607] RE:ピンギキュラ ラウエアナの花芽 Name:ゆう Date:2018/04/27(金) 12:47
藻岩山様

まだ詳しくはわかりませんが、ラウエアナは夏に温度を下げることができれば、翌春に花をどんどん咲かせると思われます。

[3601] 地震 Name:ゆう Date:2018/04/16(月) 15:14 [ 返信 ]
南海トラフ地震の、30年以内に発生する確率が、70%〜80%に引き上げられました。
ひずみも163年分溜まっているということで、もはやいつ起きてもおかしくない状況になっています。

当方島根住まいで、この前の島根地震で、住んでいる地域が震度5弱を観測しました。
震度5弱で棚から物が落ち、植物の鉢が倒れたりしました。
南海トラフ地震はこの地震よりもパワーが強く、最大マグニチュードは9.1だそうなので、もっと強い揺れが予想されます。

西日本にお住まいの方、特に四国、広島、岡山、静岡など、太平洋側にお住まいの方は、温室などの倒壊に十分ご注意くださいませ。



[3602] RE:地震 Name:藻岩山 Date:2018/04/17(火) 22:34
地震も怖いですし
ここ数年では突如として発生する集中豪雨も恐ろしいですね
それまではまるで洪水とは無縁そうだったところが
たった1日で濁流に沈んでしまったりもしますし…

[3603] RE:地震 Name:ゆう Date:2018/04/22(日) 13:15
藻岩山様

そうですね。
最近は異常気象が多いので、自然災害に注意ですね。
川の氾濫で植物が全部飲み込まれたら悲惨です。。。

[3579] Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 12:07 [ 返信 ]
Drosera anglica ナガバノモウセンゴケです。



[3580] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 12:09
最近ポツポツと開花が始まっています。
越冬期間中に、暖房のついていない寒い部屋に置いていたものの、
今年はなんだか随分と早く芽が動き出してしまった上に、
芽にカビの発生なども見受けられたので
(カビのせいで何株かロストしてしまいました…)、
慌てて植え替えて殺菌剤(トップジンM)を吹いて、暖房のついた部屋の窓際に置いておいたところ、
例年より随分と早くこの状態となった感じです。



[3581] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 12:10
大きさはおおよそですが、
葉の部分が10p前後くらい、花茎が20p前後くらいといった雰囲気です。



[3582] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 12:11
生育期は、地表部スレスレまでの深い腰水としています。
あまり深さの無い鉢に、鉢底石を入れた後に鹿沼土をいれて、
直接根が触れる部分となる表層部分の2〜3pくらいの深さは、
(石灰が混ぜられていない)PH未調整のピートで植えています。

以前はもっと深い部分までピート植えだったのですが、
ナガバノモウセンゴケは深い腰水で栽培している故に、ピートが痛み易い為に(特に夏場は…)、
最近では、直接的に根が触れる表層部にのみピートとしています。
しかしそれでも痛みやすいので、
気が付くと、年に3〜4回くらいは植え替えているような気がします。



[3583] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 12:13
我が家の栽培環境ですと、
冬の屋外は氷点下二桁台くらいのかなりの低気温になりますが、
「親株」は今冬、例年通り屋内で越冬させたものの、
「去年と一昨年に増殖させた無数の実生苗」達については、今冬は試験的に、
「蓋つきの発泡スチロールの容器」に鉢を入れて、
それを屋外の物置に入れて越冬させてみるという方法を試してみました。



[3584] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 12:16
冬芽の状況を見ると、フリーズドライになることもなく、
ちゃんと生存していることが確認できたので、
次冬からは、親株達も含めて、全てこの方法で越冬させることにしようかなと思いました。
ただ、密閉環境故に、一時的に気温が少し緩んだ際などに、
部分的にカビが発生してしまったケースもあり、
トップジンMを散布してそれを抑え込んだという案件はあったので、
発泡スチロールのケースに入れる前に、
カビ類(糸状菌)に効くタイプの殺菌剤はあらかじめ散布したほうが無難かも知れないなと思いました。



[3585] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 12:18
ちなみに、ムシトリスミレ( Pinguicula macroceras )についても、
今回発泡スチロールケースで密閉して、戸外の物置で越冬させましたが、
フリーズドライになって凍死することもなく生存が確認できました。
以前室内で越冬させていた時は、
中途半端な時期に目覚めてしまいモヤシ状態になってしまう場合もあったのですが、
発泡スチロールケースを使用した屋外越冬の場合は、
そういう困った状況も無くなりそうなので、次冬からはこの方法で越冬させる予定です。
(ちなみに、ムシトリスミレについても、殺菌剤を散布しています。)



[3586] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/03/31(土) 12:19
あと、ハエトリソウについても同様に、ホムセンで売っていた普通種3株のみ用いて、
発泡スチロールケースを用いた屋外の物置での越冬実験を試みたのですが、
厳冬期にかなりガチガチの状態になっていたので、もう枯れたものと思っていましたが、
最近確認してみたところ、意外にも中心部が生きているような雰囲気もあるので、
これはちょっと経過観察してみようかなと思っているところです。



[3589] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:GreenGrass Date:2018/04/04(水) 14:52
見事な出来で惚れ惚れします
自生地並みですね

[3591] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:venusflytrap Date:2018/04/09(月) 00:09
皆様藻岩様こんばんは。藻岩様立派なナガバノモウセンゴケですね。もう北海道では自生地でもほとんど見られないと思います。栽培種だけでないかと。

藻岩様、倉庫の中のハエトリは間違いなく生きていると思います。マイナス10どくらいまでなら1回くらいは大丈夫なので、倉庫がマイナス5度くらいなら難なく生きていると思います。私の実験ではマイナス10ど超える日が連続だと12月中旬から1月中旬までの間に枯死するというデーターあります。

私はハエトリ専門で、しかも補虫葉の大きなものの選抜に集中しています。今年は。2013年にGREENGRASSさん代行輸入の購入種子「Giant Rosette Mike King」が冷蔵庫の中で一番大きな補虫葉すでに3.5cmあります。去年のもの2月くらいに開葉したもの両方ですがつけています。4月下旬にベランダに出す予定ですが。DIONAEA達が冷蔵庫の4度の中で株を広げています。11月下旬にマイナス5度以下2回経験後、室内4度くらいの場所に
窓越し光の当たる部屋に3月25日までおいていたもの、それから2週間冷蔵庫4度です。株が張ってきました 他のDIONAEAも冷蔵庫4度で芽を出してきています。冷蔵庫に入れたのは、最低気温がまだマイナスのためです。あと2週間すれば最低気温がプラスになります。それまで冷蔵庫。

藻岩様の室内のDIONAEAの様子はいかがですか。お教えいただければ幸いです。ビオパルコ。鈴木系、赤系など。



[3592] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:venusflytrap Date:2018/04/09(月) 00:14
定価20万くらいのガラス冷蔵庫が5万くらいになってたので、思い切って、今年冬購入しました。LED付きですいわゆる冷蔵ケースというやつです。去年の水苔に包んだ、DIONAEAは冷凍庫用のビニールに入れただけ。
調子はいいです。1年に1ヶ月だけしか使わないつもりですが電気代は怖いですが。160Wくらいです。(^_^;)

3591のGiant Rosetteは正面の上から3番目の左側に見えます。



[3594] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:ゆう Date:2018/04/09(月) 22:49
我が家も高山性ネペンテス栽培に4面ガラス冷蔵ショーケースを使用しています。

4面ガラス冷蔵ショーケースは、
光を横から当てることになるので、普通に当てるだけでは日照不足になります。
また、湿度が極端に下がる、直射日光が当たると冷えないなどがあります。

[3595] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:venusflytrap Date:2018/04/09(月) 23:04
こんばんはゆうさん 皆さん
ゆうさん。そうなんですか。私の冷蔵ケースは4隅にLEDついてるので良いかなと。それと毎日回転して向き変えてます(笑)


もともとまだ日照量はそれほどいらないと思うので。去年は普通の冷蔵庫で真っ暗の中に入れてましたが、調子はそれほど悪くはなりませんでした。

高山性ネペンテスですか。私はDIONAEA以外は寒さで枯らしてしまいます。アフリカナガバのモウセンゴケとかの初心者の品種でも。DIONAEAは2000年から絶やさず。今は30品種300株はあります。

[3596] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:こっちゃん Date:2018/04/11(水) 15:51
うちは400Lの冷蔵庫ですが、一番稼働する時で一日のうち半分くらい動いています。それで住宅部分、店舗部分の冷房も合わせて電気代は¥2000くらいしか上がりません。ちなみに日に当たっていても10℃まで冷やせるパワーはあります。

[3597] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:ゆう Date:2018/04/12(木) 12:50
venusflytrap様

そもそも光を横から当てるのが悪いみたいなので、向きを変えても日照不足になる可能性があります。

我が家では冷蔵ショーケースに高山性ネペンテスと一緒に南米ドロセラも入れています。
上から照射するとネペンテスの葉が真っ赤になるLED3台を横から照射しても、光源から少し離れるだけで南米ドロセラはすぐ日照不足になります。
高山性ネペンテスはやっと袋を付け出すぐらいです。

アフリカナガバモウセンゴケは我が家でもなぜかうまく育ちませんね。
なぜか調子が崩れる時があります。

食虫植物は一通り持っているのですが、我が家の環境では、高山性ネペンテスとペティオラリス類がうまく育つみたいです。逆に温帯休眠性の寒冷地でないモウセンゴケ(イトバなど)がうまく育ちません。

[3598] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/04/13(金) 00:53
>venusflytrap様
我が家の場合、ナガバノモウセンゴケは、
生育期間中に関しては、今のところあまり大きなトラブルは起きにくいような感じです。
ただ休眠期間中のシーズンの中で、
主に年明けの2月〜4月くらいの3か月くらいの間に、
毎年冬芽にカビ類が発生してしまうことのみが非常に大きな問題で、
今年は本格的に危険そうな雰囲気が漂っていたので、途中で薬剤散布に踏み切りました。
残念ながら何株かはカビでロストしてしまったものの、全滅は食い止められたので、
次冬からは、年明け以降にはこまめに監視しながら、
薬剤散布するのを定番化しようかなと思っています。
今のところ菌糸系の病害に強そうなトップジンを使っていますが、
他に適当な薬剤があれば、
できれば何種類かローテーションしたほうが安全なのかなぁとも思い、
何が適当かなぁ・・と思案しているところです。

ハエトリソウについては、
今月に入ってから徐々に植替え作業を進めているところですが、
我が家の室内ものはまだ本格始動前といったところです。
(3月下旬〜4月くらいは、なんだかモヤシみたいな微妙な風体になっています…)
一時期気温が結構暖かくなってくれて、
生育に良い気象状況になったかなと思った時期もありましたが、
その直後、最近では夜間は氷点下になったり、雪まで積もったりで、
寒いのと曇っているのとで、なかなかのグズついた天気状況で、
また去年のような春になるのではないかと、若干心配しているところです。
気温と日照時間が早く回復して欲しいなと思っている感じです。

[3599] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/04/13(金) 01:24
冬芽が菌糸に感染した場合には、
このような姿になって枯死してしまっていました…
(これはハエトリソウなどではあまり見られないにも関わらず、どういうわけなのか休眠期の越冬系モウセンゴケの冬芽に頻繁に湧きます…)
これさえ無ければかなりコンスタントに増やせるようになるのですが、厄介な相手です。
特に体力のない小さい苗には致命的なので…



[3600] RE:Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ Name:藻岩山 Date:2018/04/13(金) 21:39
>もう北海道では自生地でもほとんど見られないと思います。

サロベツ原野に十数回ほど通って、目を皿のようにして歩き回りましたが、
探し方が下手だからなのか、
未だ自生しているDrosera anglicaにお目にかかったことがありません…。
Drosera rotundifoliaは、割とあちこちで見受けられましたが、
それも乾燥化による水位低下の為か、次第に笹がどんどん繁茂してきて、
数年前に見られた場所がいつの間にか笹原となってしまい、
モウセンゴケが消滅してしまった場所なども徐々に増えてきているように思います。

北海道ではDrosera anglicaは大雪山系でも見ることができるとのことなので、
いずれは、見に行ければな…と思っているところです。



[1370] 現在のハエトリ 休眠中です。 Name:venusflytrap MAIL Date:2012/12/01(土) 18:48 [ 返信 ]
むっくーさんみなさんこんばんは一番下の写真は本年の今のハエトリの状態です左から普通のハエトリ、RED DRAGON, BIG MOUTH, B52です。

まだまだ葉はあります。氷点下になっても大丈夫ですよ。ただ
頻繁に−10℃以下になるとどうなるかわかりません。最低気温マイナス5℃ぐらいなら、現地では平気でしょう。栽培なら−5℃ー10℃くらいで大丈夫だと思います。部屋から野外に出したり入れたりはよくないと思います。外で30℃から、ー10℃に気温変化しても休眠はさめないと思います。休眠する植物は最低2週間くらいの低温で休眠に入り、2週間くらいの暖気で休眠からさめます。それより、休眠して、凍ったハエトリを頻繁に動かすと、物理的に苗を痛めることになります。凍った苗をハンマーで叩くことと同じようなものです。小さな苗でも同じですよ。環境変えるとよくないと思います。昼の気温が15℃くらいになってからはずっと、衣装箱のふたは私も閉めっぱなしです。一時的に30℃くらいにはなっています。

これはハエトリの自生地付近の気候です。普段は最低気温0℃を上下していますが、歴史的には−20℃くらい寒くなっていることがわかります。ただし、自生地はシャーロットではなく、海岸部のウィルミントンなので、やや暖かめかもしれません。またシャーロットでは12月に30℃になったこと過去にあるようです。道東の一時的な30℃栽培でも問題ないと思います。

自生地写真、気候を下記の資料を参考にしてください。

http://www.carolinanature.com/plants/venusflytrap.html


http://weather.jp.msn.com/monthly_averages.aspx?wealocations=wc:USNC0121&q=アメリカ合衆国+シャーロット+forecast:averagesm


補足
2005年冬に、−10℃にさらし、ハエトリが枯れたときには、衣装箱にふたをせず、直接、積雪にまかせてました。今から考えると。ハエトリの上から砂利が投げつけられたのと同じ状態にあったと思います。マイナス10℃以下の低温障害ではなく、恒常的なマイナス気温による凍った積雪で、物理的な傷を負った可能性大です。今年一部の普通種のハエトリを室内にいれず、外にふたをした衣装箱のままおいておこうと思います。結果報告します。



[1371] RE:現在のハエトリ 休眠中です。 Name:venusflytrap MAIL Date:2012/12/01(土) 19:19
ふたをしたらこんな状態です。



[1372] RE:現在のハエトリ 休眠中です。 Name:むっくー Date:2012/12/02(日) 20:50
venusflytrap様

ありがとうございます!
venusflytrap様の過去の回答を読み返したらある程度解決したので消してしまいました^^;

とりあえず、日光は二の次で気温を優先したほうがよいですね!

海外から購入した子苗は特に貴重なのがいくつかあるので慎重に栽培してます^^;

[1373] RE:現在のハエトリ 休眠中です。 Name:venusflytrap MAIL Date:2012/12/02(日) 22:55
むっくーさん
よかったです。当地は昨日−10℃になりあわててはえとりを部屋の中にいれる準備しています。LED120Wを照射する予定です。
ではまた

[3593] RE:現在のハエトリ 休眠中です。 Name:武内雅喜 Date:2018/04/09(月) 15:48
片平亘 シンナー 進藤勇気 信号無視 佐々木颯太朗 暴行罪 樋口和輝 マネーロンダリング 山本夏人 知的障害 樋口和輝 ゴミ 龍舞子 強要罪
吉見由香里 無能 良樹綾部 懲役 吉見由香里 ひき逃げ 石倉亮 逮捕歴 樽見昴汰 不正 田渕正哲 捏造 福井舜也 知的障害 重光由美
違法 清明高校 置石 西村芳樹 不審者 伊藤舞香 前科持ち 山岸謙太郎 連続殺人 井上稜 覚醒剤 山本夏人 脱糞 若林拓海 出会厨
奥野大地 脱糞 福井舜也 卒論 佐々木颯太朗 不法侵入 進藤勇気 資金洗浄 樽見昴汰 ストーカー 中村英憲 有印私文書偽造罪
唐澤龍之介 前科持ち 武内雅喜 悪徳商法 田島孔達 フェミニスト 奥野大地 ウジ虫 伊藤舞香 犯罪者 井上稜 阿片 伊藤舞香 無能
吉見純輝 卒論 山本夏人 コーラン燃やし 天野真嗣 前科持ち 龍舞子 通貨偽造罪 橋本拓真 違法 重光由美 ウィルス 片平亘 ストーカー
中村英憲 テロ予告 良樹綾部 個人情報売買 塩山靖之 万引き 石倉一志 遺棄罪 中村英憲 傷害 天野真嗣 セクハラ 吉見真愛 傷害
若林拓海 麻薬密輸 山本夏人 犯罪歴 武内雅喜 出会厨 山岸謙太郎 強盗罪 塩山靖之 不審者 吉見由香里 違法 砂川真範 通り魔 良樹綾部
フェミニスト 樋口和輝 懲役 山本夏人 強要罪 中村英憲 クレジットカード不正利用 石倉亮 実行犯 龍舞子 不法侵入 山岸謙太郎 中村英憲
良樹綾部 通貨偽造罪 佐々木颯太朗 ひき逃げ 田島孔達 偽札 福井舜也 ナイフ所持 岡部康太 脱糞 岡部康太 犯罪予告 吉見真愛
植木由佳 ウィルス 西村芳樹 信号無視 中村英憲 凶悪犯 田渕正哲 ひき逃げ 田渕正哲 偽計業務妨害 武内雅喜 大麻密輸 唐澤龍之介 犯罪歴
伊藤舞香 クズ 良樹綾部 中卒 進藤勇気 水素爆弾 吉見由香里 捏造 岩永秀紀 個人情報売買 吉見真愛 書類送検 奥野大地
クレジットカード不正利用 西村芳樹 違法 岡部康太 良樹綾部 テロ予告 良樹綾部 逮捕歴 植木由佳 麻薬 吉見純輝 臓器売買 植木由佳
押し売り 吉川舞香 臓器売買 吉見純輝 押し売り 武内雅喜 核兵器保有 片平亘 逮捕歴 西村芳樹 懲役 田島孔達 異常性癖 唐澤龍之介
大麻栽培 若林拓海 整形 若林拓海 ひき逃げ 吉川舞香 禁錮 樋口和輝 窃盗 天野真嗣 マネーロンダリング 石倉亮 シンナー工場 西村芳樹
ワキガ 田島孔達 徘徊 田渕正哲 懲役 山岸謙太郎 少年院 岡部康太 クレジットカード不正利用 福井舜也 書類送検 吉見真愛

[3577] ネペンテスは本当にネズミを捕らえる? Name:亜人 Date:2018/03/29(木) 18:38 [ 返信 ]
という偶然のような話は殆ど無いだろうと思って
いました。
昨年5月までは。
5月幾日だったかまでは覚えていません。
その日いつものネペンチェックをしていたら、
トランカータ×(カランキュラータ バー ロブスタ×メリリアナ)グリーンに近い
袋のタイプ袋のサイズは20cmを超えていたと思います。
その袋が斜めになっている?
昨日真っ直ぐだったはずなのに?
中を見ても別に異常なし。気のせいか。
それから10日位経った頃だろうか、何か言い知れぬ
臭いのようなものが。ネペンテスの袋20cmサイズが
ある程度増えてくるとこういう臭いがするのか?
これではちょっと困るな。マスクが必要になるかな?
と、更に日数が経過したある日。
グリーンタイプと同じ交配種赤黒い袋タイプやはりこちら
も同じ位の袋のサイズですが、その袋が、下部から
明らかに黒く変色しているのに気が付く。
普通上部から枯れてくるはず。
ハサミでツル部分から切って外に運び、地面にドバッと。
詳しくは書かない。聞きたい人はレスをどうぞ。
動物の死臭とは明らかに別の臭いだった。
ネペンテスの酸と混じるとああいう臭いになるのか。
みんなもどう?
ちなみにまだ子ネズミだろうと思う。
トランカータはその交配種までもネズミを引き付ける
何かを臭わせているという事が判明しました。
そういえば更にその前、トランカータ広島実生系の子株2株
がネズミに食われたのだった。
その仇を交配種が取ってくれたのだな。
感謝!!
しかしここはネズミが多いな?周りは農地だから
仕方ないといえばそれまでですが。
みんなもネズミには注意。


[3576] N (ヒルスタ×ビーチ)×ビルデルアン Name:亜人 Date:2018/03/29(木) 17:44 [ 返信 ]
昨年11月24日♀株のヒルスタ×ビーチが開花。
開花の状況は、全体の花数は少なめで一番下の
蕾と中心の蕾と頂上の蕾の3つが同時に開花し、
その後4日以内に全部開花しました。
妙な開花の仕方かな?と言っても私にはまだ
♀株はこれで2株目なので判定はできませんが。
この♀個体はハイランドの環境に置いてありました。
この時ローランドの所でビルデルアンという交配種♂が殆ど
同時に開花しました。
これはチャンスとばかりに花粉をチョコチョコ毎日のように
チョコチョコちょこちょこチョコチョコしました。
その後柱頭部分が膨らみ伸びてきたのはいいのですが、
未だに実が割れていません。
あれから4ヶ月以上。。。。
聞いた話だとネペンテスの実は2ヶ月半前後と聞きました。
もうだめなのでしょうか?
ちなみに♀株はあれからローランドの環境に置いたままです。
実の大きさは約2センチ(付け根から)です。
ローランドの環境は最低23℃最高35℃です。



[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
1件〜10件(全427件)  1345678910       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace